日本映画紹介ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
拳銃は俺のパスポート
こるとはおれのぱすぽーと
日活
配給:日活
製作年:1967年
公開日:1967年2月4日 併映「新男の紋章 若親分誕生」
監督:野村孝
企画:柳川武夫
原作:藤原審爾
脚本:山田信夫 永原秀一
撮影:峰重義
照明:安藤真之助
録音:中村敏夫
美術:松井敏行
助監督:桑山朝夫
特殊撮影:日活特殊撮影部
編集:鈴木晄
制作担当者:牛山正夫
音楽:伊部晴美
挿入歌:「逢いたいぜ」ジェリー藤尾
出演:宍戸錠 小林千登勢 ジェリー藤尾 深江章喜 山田禅二
シネマスコープ モノクロ 84分

大田原組は外国の企業と提携して事業を行うことになっていたが、関西に拠点を構える島津組がそこに入り込み、計画を横取りをした。その件で島津が日本を離れることから、大田原組は旅立つ前に彼を暗殺することにした。案内役の金子は、尾行する車から島津と用心棒の船木の顔を狙撃手・上村周治に覚えさせ、毎朝決まった時間に屋敷を出て銀座にある事務所に出掛けることを説明した。島津は几帳面な性格からよほどのことがない限りスケジュールを変更することがなかった。そして車に張った防弾ガラス同様、事務所が入るビルにも防弾ガラスが張られていた。翌日の午後二時半に渡航手続きが終了、三時からは茶室で大田原と最後の会談が行われることになっていた。出発は翌々日。それまでは屋敷で静養することになっていた。金子は上村の弟分である塩崎駿の分も含めたパスポートと航空券、そして報酬の半金を手渡し、残りは仕事を確認してからだと言った。すると上村はあんたたちにわかりやすいやり方でやるさと答えた。

上村は自らの足で仕事の場所を探し、会談が行われる茶室が丸見えになるマンションを見つけた。部屋を見せて欲しいと管理人に頼むと、好都合にも四階の正面の部屋が空いていた。気に入ったと手付金を渡すと、もう少し中を見たいと言って管理人を追い出し鍵を掛けた。そして足音が消えるのを確認してから素早くバッグからパーツを取り出しライフルを組み立て始めた。完成すると窓を開け、タバコに火をつけた。一服するとそれを外に突き出し風向きを確認した。バッグを窓際において椅子代わりにすると島津が現れるのを待った。腕時計の針が三時を差すと大田原の次に島津が現れた。島津が大田原から勧められた茶を飲もうとしたそのときを狙い、上村は彼の胸に三発の銃弾を撃ち込んだ。そして慌てて駆け寄る船木も一撃で仕留めた。標的が動かないことを確認すると窓を閉め床に散らばった薬莢を拾い集めた。マンションの外では塩崎が車で待っていた。彼らが向かったのは馴染みのスクラップ工場だった。工員に渡したバッグは廃車の中に放り込まれ、車体とともに潰された。

二人を乗せた車が空港に向かっていると、車内に装備していた無線が鳴った。それは激怒した金子だった。上村がわかりやすい方法で仕事をしたことで、大田原が警察から事情聴取を受けることになったからだ。一刻も早く姿を消せと促された上村は、ドライブバンクで残りの半金を受け取ると空港に急いだ。到着しロビーに急ごうとしたそのとき、再び金子からの無線が鳴った。島津組が空港で待ち構えているというのだ。だが上村と塩崎は忠告を無視した。

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−こ | 00:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ゴルゴ13(1973年)
ごるごさーてぃーん
東映(東京撮影所)
配給:東映
製作年:1973年
公開日:1973年12月29日 併映「女囚さそり 701号恨み節」
監督:佐藤純彌
企画:吉峰甲子夫 矢部恒 寺西國光 坂上順
原作:さいとう・たかを さいとう・プロダクション
脚本:さいとう・たかを K・元美津
撮影:飯村雅彦
録音:広上益弘
照明:梅谷茂
美術:藤田博
音楽:木下忠司
編集:田中修
助監督:深町秀煕 福湯通夫
記録:山内康代
スチール:遠藤努
制作進行:東一盛
擬斗:日尾孝司
装置:吉田喜義
装飾:米沢一弘
美粧:入江荘二
衣裳:福崎精吾
演技事務:和田徹
美容:石川靖江
理容:藤井正信
衣裳デザイン:秋山幸輝
通訳:熊田倭文子 フェレステ・ハミディアン
現像:東映化学
・イランスタッフ
製作:モルテザ・ジャフリイ
監督補佐:ホーマン・プールマン
製作主任:ハミッド・アリマルダニ
計算:アミール・バルジンチャ
調整:パルビス・ノダダト
準備:モハメド・ノルジイ
進行:モルテザ・バクダリ
美術:スーサン・アヤリ
美容:パルバネ・フィルバク
照明:メヒディ・シャフィ
照明助手:ラジャビイ
照明準備:ナザリ
出演:高倉健 モーセン・ソーラビイ ジャレ・サム シーランダミ ジェラル
アメリカンビスタ カラー 104分

世界中に組織を持ち、武器と麻薬を密輸する犯罪王マックス・ボア。だがその素性は誰にも知られていなかった。イランに滞在しているという情報を掴んだ亡国秘密警察は4人の捜査員を派遣したが、全員が行方不明になったことに頭を抱えていた。秘密警察はイランでボアを逮捕することが出来なかった。たとえ逮捕し身柄の引渡しを要求したとしても、ボアは本国に送り返された後、裁判にもかけられず釈放されることは目に見えていた。何故ならば、彼はその国の政府の大スポンサーだからだ。ボアは人身売買という新たな動きを見せ世界中からたくさんの女性が消えていた。逮捕の任務を解かれた警察部長のリチャード・フラナガンは、消された部下たちの仇を討つために最終手段を取る決断をした。フラナガンがボアの暗殺を依頼したのは、デューク東郷という東洋系のスナイパーだった。ゴルゴダの丘でイエス・キリストに荊の冠をかぶせて殺した13番目の男=ゴルゴ13という通称を持つ彼は国籍や出生地、生年月日など謎の部分が多かった。フラナガンは一連の説明を終えると、連絡係に秘書のキャサリンを任命した。だがゴルゴは翌朝早く単身でテヘランに向かった。

テヘラン警察のアマン・ジャフアリ警部は、半月もの間に20人の女性が行方不明になっている奇妙な事件を追っていた。身代金を要求されていないことと被害者家族からの届出が遅れていることが捜査の混乱を招いていた。仕事に没頭し一週間も家に帰らないアマンを心配した妻のシーラが警察署に顔を出すと、パプリカという名の店で食事をする約束をした。その頃、ゴルゴはホテルにチェックインし届いた荷物を開封した。そして部品を組み立て完成させたアサルトライフル「アーマライト」M16の調整を行うと夜の街に出掛けた。彼がパプリカの前の歩道に差し掛かったとき、シーラが男たちによって車に押し込まれ連れ去られた。何も見なかった様にその場を立ち去ろうとするゴルゴに声を掛けたのはアマンだった。シーラを本当に見なかったのかという問いに首を横に振るゴルゴを、彼は疑いの眼差しで見送った。

私立探偵のエグバリと接触したゴルゴは、ミスターワインという暗黒街に顔の売れた情報屋がシエラザークラブにいることを知った。その夜、新たな情報を得るためにエグバリの部屋を訪ねたゴルゴだったが、彼は殺された後だった。開いていたドアから住人がそれを見て騒いだことから、管理人は即座に通報。ゴルゴは「マックス・ボアは小鳥を可愛がっている」と書かれたメモを手に入れると窓から逃げた。一方、現場に駆けつけたアマンは、管理人などの証言から前日に会った東洋人を容疑者のリストに加えた。

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−こ | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
高校大パニック(1978年)
こうこうだいぱにっく
日活
配給:にっかつ
製作年:1978年
公開日:1978年8月19日 併映「帰らざる日々」
監督:澤田幸弘 石井聰亙
プロデューサー:結城良熙 大屋龍二
原作:石井聰亙 大屋龍二
脚本:神波史男
撮影:山崎善弘
照明:高島正博
録音:酒匂芳郎
美術:川船夏夫
編集:鈴木晄
音楽:スペース・サーカス
助監督:菅野隆
色彩計測:野田悌男
現像:東洋現像所
製作担当者:天野勝正
技斗:高倉英二 松尾悟
協力:有限会社金子銃砲火薬店 象印株式会社 株式会社兵林館 株式会社サウンド・エイト
出演:山本茂 浅野温子 内田稔 江角英明 久富惟晴
シネマスコープ カラー 94分

ある夏の日の九州・博多。中州高校三年の田中祥二が建設中のビルの屋上から転落死した。その影響は社会全体に及び、マスコミは学校教育や受験勉強への批判的な報道を過熱させた。校長は翌々朝の校内放送で、彼の死は一個人のノイローゼであり受験勉強によるものではなかったと説明した。生徒たちの動揺を早期に鎮静化させるとともに、名門校としての権威と伝統を守るためだった。こうした受験優先という考え方は教員全体に浸透していた。校長の話が終わると、田中のクラスの担任で数学教師の井原修はいつものように授業を始めようとした。三年七組ではホームルームの時間を数学の授業に充てていたのだ。すると生徒の馬場が立ち上がり、今日は話すことがありますと言った。それを聞いた井原は、田中のことだったら校長の話に尽きると無視した。そして田中は負けたのだから、彼の分まで生きて一題でも多く問題を解くんだと言った。井原の態度に憤激した城野安弘はツカツカと歩み寄った。そして田中を殺したのはあんただと怒鳴り殴りかかると、怒りを抑えることが出来ずに外へ飛び出して行った。井原は授業についていけない生徒を見捨てる傾向があり、城野の行動を賞賛する者が少なからずいた。

城野が川端通商店街を歩いていると、ふと銃砲店の看板が目に留まった。フラフラと店内に入ると、テーブルにはライフル銃がむき出しのまま置かれていた。城野は珍しいおもちゃでも見るように手に取ったが、店主は接客に気を取られて彼のことに気づいていなかった。奥から出てきた店員が不審に思い声をかけると、驚いた城野は銃とそばにあった銃弾入りの箱を抱えて逃げた。櫛田神社に逃げ込んだ彼はようやく自分が何をしでかしたのかを理解した。そして息を整えると弾層に銃弾を込めた。

ライフル銃を持った生徒を目撃したという市民の通報を受けた警察は、事実確認のために警官の山内正勝を中州高に向かわせた。その頃、三年七組の教室では、興奮した城野が教室の後方に立っていた。「数学が出来んで何が悪い!」。包んでいた神社の幟を外すと黒光りする銃が現れ、それを見た井原は恐れおののいた。「殺したるぅ!」。そう叫ぶと乱射した。一発目は棚の花瓶に当たり、二発目は井原の前に立っていた女子生徒に当たった。焦った城野は井原に近寄ると、至近距離から数発撃った。弾が切れたことで我に返った城野は校外へ逃げようとしたが、教頭の米重満洲男と話していた山内が迅速な応援要請を行ったことで学校の周囲は警官隊によって包囲され、逃げ道を失った。

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−こ | 10:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
転がれ!たま子
近代映画協会=シネカノン=衛星劇場=S・D・P=ハピネット・ピクチャーズ
配給:シネカノン
製作年:2005年
公開日:2006年2月4日
監督:新藤風
製作:新藤次郎 李鳳宇 石川富康 細野義朗 川島晴男
プロデューサー:新藤次郎 里中哲夫 長谷川安弘
脚本:しんどうぎんこ
音楽:磯田健一郎
撮影:佐々木原保志
照明:祷宮信
録音:白取貢
美術:中澤克巳
小道具:相田敏春
編集:渡辺行夫
スクリプター:松橋章子
助監督:森宏治
製作担当:岩谷浩
出演:山田麻衣子 岸本加世子 竹中直人 松澤傑 広田レオナ
ビスタサイズ カラー 103分

運河に囲まれた町に住む桜井たま子は、美容室たつまきを経営する母・タツコと、高校三年生の弟・大輔と暮らしている。たま子は幼いときにプールで溺れ、人一倍用心深い娘になった。そしてかくれんぼの最中に父・平吉が家を出て行くと、ますます用心深くなった。それ以来、彼女は何処に行くにも父親手製の鉄かぶとが手放せなり、周囲から「鉄かぶとのたま子」と呼ばれた。そんなたま子の大好物は、日進月歩堂のジイチャンが作る甘食で、美容室のレジから小銭をくすねて買いに行くのが日課になっていた。生まれたときから食べている甘食を自分の部屋のベッドに寝転んでかじりつく。そしてベッドの下に住んでいる居候のネコ・タマに少しばかりおすそ分けする。それが彼女にとって至福の時だった。だが24歳になったある日、タツコに「自分の甘食は自分で買え!」と言われ、たま子に恋焦がれる金福寺の和尚・トラキチの紹介で配送所のアルバイトを始めることになった。
アルバイトから帰る途中、乳母車を押した女性に出くわしたたま子は、苦手な「人」を避けるために細い路地に入った。すると今度は苦手な「犬」に咆えられ、さらに住宅街の奥へ奥へと入り込んで行った。するとバッタリ会った不思議な少年に「気をつけて。穴に落ちるよ」と警告を受けた。その言葉に驚いたたま子は身を堅くしたが、その先からやってくる自転車の男に気づき、思わず後ずさった。そして、道路にぽっかりとあいた穴に落ちた。

5メートルはある穴からたま子が這い上がったとき、世界が変わっていた。タツコとトラキチが年の差を超えて激しい恋に落ち、日進月歩堂がジイチャンの急病で休業していたのだ。ショックを受けたたま子は、平吉が経営する鳥越メカニックに立ち寄った。平吉はたま子の数少ない理解者で、家を出てからは自動車整備士として働き、時間が空くと鉄を使ったオブジェ作りに勤しむのだった。たま子は自由気ままな平吉のことが大好きで、何事かあると必ず工場を訪ねるのだ。彼女が四六時中、鉄かぶとを被っているのは、いつも平吉が自分のことを守ってくれているように感じていたからだった。その平吉も雑誌の取材を受けたことでアーティスト魂に火がつき、ペーター鳥越としてニューヨークに旅立とうとしていたのだ。
絶望に打ちひしがれた家に帰ると、大輔がテレビの画面をぼんやりと見つめていた。映っていたのはタツコの幼なじみでバスガイドのマーブルで、彼女を尊敬する大輔は観光バスに客として乗り込み、ビデオカメラでガイドの様子を撮影した映像を見ていたのだ。彼はたま子の方に顔を向けるとこう言った。「俺、バスガイドになることにした」。何が何だかわからなくなったたま子は部屋に戻ると、どうしようとタマに声を掛けた。だが返事はなく、タマが姿を消したことを知った。

タツコとトラキチの結婚式が行われた翌日、たま子は部屋に引きこもっていた。彼女の心には、式の直前にタツコから言われた「自立しなさい」という言葉が引っ掛かっていたのだ。「甘食が食べたい」。そう思わずつぶやくと、あの少年が側らに現れ、食べればいいじゃないかと言った。その言葉に勇気付けられたたま子は、運河に囲まれた半径500メートル足らずの小さな世界から抜け出して、隣町に甘食を買いに行くことに決めた。

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−こ | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
仔犬ダンの物語
「仔犬ダンの物語」「お菓子な大冒険!」製作委員会(東映=テレビ東京=テレビ東京ミュージック=エス・エス・エム=小学館=講談社=アップフロントエージェンシー)
配給:東映
製作年:2002年
公開日:2002年12月14日 併映「お菓子な大冒険!」
監督:澤井信一郎
製作:山崎直樹
企画:黒澤満 木綿克己 沼部俊夫 泉正隆 亀井修 坂井裕 瀬戸由紀男
プロデューサー:冨永理生子 遠藤幸子 荒井充興 両角誠 太田克己 入江祥雄 寺本保治 山本茂之
脚本:東多江子
音楽プロデューサー:つんく
音楽:川村栄二
音楽制作:北神行雄 佐藤尚 津島玄一 宮地修平
音楽制作協力:ローファーズハウス 東映音楽出版
主題歌:「がんばっちゃえ」モーニング娘。とハロー!プロジェクト・キッズ+後藤真希
主題歌:「HEY!未来」モーニング娘。
ラインプロデューサー:山本勉 齋藤勇司
撮影:北信康
照明:小野晃
美術:山崎秀満
録音:柴山申広
VE:小田切徹
編集:只野信也
スクリプター:竹田宏子
装飾:湯澤幸夫
助監督:隅田靖
製作担当:望月政雄
宣伝プロデューサー:杉田薫
製作協力:セントラル・アーツ 東映東京撮影所
出演:嗣永桃子 清水佐紀 安倍なつみ 保田圭 飯田圭織
ヨーロピアンビスタ カラー 70分

小学生の森下真生が学校から帰ると、母・和歌子から打ち合わせで遅くなるという内容の電話が掛かってきた。和歌子は観葉植物などを販売するアクアアンドグリーンの社長で、有機栽培によるこだわりが評価され、マスコミなどの注目されたことで仕事が忙しくなったのだ。その日は夕食後に家族会議が開かれることになっていた。父・祥隆の勤めていた会社が倒産し、森下家は社宅を出なければならなくなった。一刻も早く次の仕事を見つけたい祥隆は前部長の紹介で同じ建設業につくことが出来たが、その勤務先は富山だった。東京での勤務を希望していたが、経験と腕を買ってくれたその会社に決めたのだ。和歌子と話し合った結果、仕事を辞めることが出来ない彼女はマンションを借りて東京に残ることになり、その日の夕食で中学生の兄・和哉と真生をどちらが引き取るかを話し合うことになっていた。だが和歌子が遅くなることを知り、祥隆は先にそのことを子供たちに打ち明けたのだった。二人がショックを受けているところに帰って来た和歌子は、わかって欲しいと言った。それを聞いた真生は、どっちか選べなんて勝手に決めておいておかしいと反発した。

群馬に住む祖父・光造の家で暮らすことになった真生は、転校した学校ではわざとクラスメイトを遠ざけ素っ気ない態度を取った。ある日、コンビニに買い物に行った真生は、同じ学校の野村千香が牛乳を万引きする姿を目撃した。店を出た千香を説得して連れ戻した真生だったが、彼女はお金を持っていなかった。そこで自分の買い物と一緒に代金を支払ったが、万引きの原因が仔犬のためだったことがわかると興味を引かれた。前日、千香は下校時にみかん箱に入れられた仔犬を見つけたが、団地では犬を飼えないため置いて行かざるを得なかった。だがあの仔犬のことが気になってたまらず、日が暮れてから連れ帰ったのだ。口うるさいことで有名な団地の自治会長・古澤常男に見つからないように、千香は駐輪場の脇で誰にも邪魔されないように飼うことにし、「ダン」と名付けた。

真生は牛乳を飲み終えたダンの様子がおかしいことに気付いた。真っ直ぐ歩けないのだ。通り掛った中学生から目が見えないのではないかと言われショックを受けた千香は暗くなっても世話を続けた。翌日になるとダンが住民に見つかりそうになり、困った千香は荷物に見せかけて学校に連れてきたのだった。それを知った真生は学校の帰りに彼女を神社へ連れて行き、神様に願い事をした。『どうかダンに飼い主をお授けください』。二人だけで世話をすることはもう無理だと真生は諦めていたのだ。神様なら何とかしてくれる。そう信じて境内にダンを置いて帰った。だが仔犬のことが頭から離れず二人はまた神社に戻って行った。

真生は学校の帰りにダンと会うことを毎日楽しみにしていた。いつものように駐輪場の脇に立ち寄ると、紐が絡まって苦しそうにしていたため解き放ってあげた。そのときやってきたのは自治会長の古澤だった。保健所に電話をして処置するように言われ困った真生は、知り合いのコンビニ店員で古澤の娘の弥生に相談した。ダンには新しい飼い主を見つけてあげる方が幸せだと考えていた弥生は、千香の弟が通う幼稚園の先生・西田香と協力して里親さがしを始めた。

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−こ | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ