日本映画紹介ブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ノンちゃん雲に乗る
芸研
配給:新東宝
製作年:1955年
公開日:1955年6月7日
監督:倉田文人
製作:熊谷久虎 中田博二
原作:石井桃子
脚本:村山節子 倉田文人
撮影:小原譲治
音楽:飯田信夫
美術:山手健
録音:安部恒雄
照明:伴野功
編集:笠間秀敏
監督補佐:大岡紀
製作主任:木村寛
監督助手:永倉君平
撮影助手:岸寛身
美術助手:阿部三郎
録音助手:石川英夫
照明助手:松田慶治郎
衣裳:鈴木うら
小道具:奈良要
記録:横関文代
スチール:藤井善男
進行:永島芳男
製作助手:川上吉保
現像:東洋現像所
後援:雪印乳業株式会社
出演:原節子 鰐淵晴子 藤田進 徳川無声 大泉滉
スタンダードサイズ モノクロ 84分

悲しい出来事があった小学二年生のノンちゃんは、泣きながら家を飛び出した。その彼女を心配した愛犬のエスは、後から負い掛けてきたのだった。小鳥のさえずりに耳を傾け空を見上げたノンちゃんは泣くのを止め涙を拭いた。そして木に登り枝にまたがると音楽に乗せて気持ちよく鳥のように両手で羽ばたいていた。ところが彼女はバランスを崩して滑り落ち、その下の池に落ちてしまった。

ノンちゃんは空を飛んでいた。やがて何処からかノンちゃんを呼ぶ声がし、大きな熊手が雲の下から延びてきたかと思うと彼女を引っ掛けて引き上げたのだった。雲の上には白ひげのおじいさんがいた。おじいさんは雲で出来た椅子に彼女を腰掛けさせて話を聞いていたが、そこに同級生でいたずら坊主の長吉が現れた。長吉はノンちゃんのことを友達だとおじいさんに紹介したが、ノンちゃんは友達じゃないと言い張った。
国語の授業中によそ見をしていた長吉は先生から注意され、ノンちゃんが笑ったからだと嘘をついたのだ。ノンちゃんは違うと弁解したが、長吉は嘘じゃないと言い張った。いざこざはお遊戯の授業でも起こった。ノンちゃんは元々東京の生まれだったが、病気になったので田舎に移って来たのだ。二年生になったら東京へ連れて行って貰うことになっていたが、体が丈夫でないうちは行ってはいけないとおとうさんに言われたのだ。隣同士になった長吉は、その話を持ち出して嘘つきだと言った。帰り道、ノンちゃんを待ち伏せていた長吉は「ノンちゃん、ノがつく、ノン左衛門」と歌ってからかった。
ノンちゃんの話を楽しげに聞いていたおじいさんは、ワシも子供の頃を思い出したよと言った。そして深いため息をつくと、遠い遠い昔の夢じゃなと呟いた。

おじいさんは、「何でもいいからノンちゃんの身の上話が聞きたい。そうすればもう泣かずに済むように出来るかも知れない」と言った。それを聞いたノンちゃんは、大好きな家族のことを話すことにした。
個人的採点:★★☆

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−の | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
のど自慢
シネカノン=東宝=日活=ポニーキャニオン
配給:東宝=シネカノン
製作年:1999年
公開日:1999年1月15日
監督:井筒和幸
エグゼクティブプロデューサー:李鳳宇
プロデューサー:石原仁美
コ・プロデューサー:根岸洋之
ラインプロデューサー:佐々木裕二
脚本:安倍照男 井筒和幸
音楽:藤野浩一
音楽プロデューサー:石川光
……:「上を向いて歩こう」のど自慢シンガーズ
撮影監督:浜田毅
録音:井上宗一
照明:渡邊孝一
美術:中澤克巳
編集:冨田功
助監督:日垣一博
出演:室井滋 大友康平 尾藤イサオ 伊藤歩 松田美由紀
ビスタサイズ カラー 112分

群馬県桐生市にNHKのど自慢がやってくる。1月10日の予選会が近づくにつれ、街全体がソワソワしていた。工事現場やタクシーの車中など至る所で練習する歌声が響いていた。

不器用な中年男・荒木圭介は、家族を養わなくてはならない身。経営していたラーメン屋が火災に遭い、人生の再起を賭けて焼き鳥ピーコちゃんの販売研修を受けていた。土曜日の試験に合格すれば、店長として独立することができる。ところが、圭介は同じ日に行われる予選会に出場することになっていた。

スナックを経営する母親と姉の三人で暮らしている高橋里香の夢は歌手になることだ。そのステップがのど自慢に出場することだった。ある日、家に帰ると母親と姉が大ゲンカしていた。姉が不倫の末に妊娠してしまったというのだ。受験も控えているというのに彼女はまた苛立ちの種を抱え込んでしまった。

隣町で椎茸の栽培をしている耕太郎は、息子夫婦から登校拒否の孫・康太郎を預かっていた。息子の耕次から電話が掛かり、何事かと思えばサンパウロへの転勤が決まったというのだ。孫との別れは寂しいが、彼を元気付けるためにのど自慢に出場することにした。

芸能プロダクション社長兼マネージャーの須貝は、専属演歌歌手・赤城麗子とともに彼女の出身地である桐生市を訪れた。ここなら手売りでもCDは売れるだろうと高を括っていたが、見事に当てが外れてしまった。
翌日、麗子は父親が営む床屋に顔を出した。すると常連客の小林と娘の佳織がケンカしていた。のど自慢の予選に通ったら番組を利用して家具屋の息子に告白するというのだ。結婚に反対している小林は娘から予選会出場の葉書を取り上げたのだった。その夜、再び床屋にやってきた小林はうろたえていた。脅しだろうと思っていた佳織が本当に家を出て行ったのだ。小林は、ろくなことがねえなあと葉書を丸めて捨ててしまった。歌手としての自身を失いかけていた麗子は、その葉書をこっそりと拾った。
個人的採点:★★☆

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−の | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
逃がれの街
田中プロモーション=日本テレビ放送網
配給:東宝
製作年:1983年
公開日:1983年10月15日 併映「夜明けのランナー」
監督:工藤栄一
製作:田中壽一 中沢敏明 坂本敏夫
原作:北方謙三
脚本:古田求 工藤栄一
撮影:岸本正広
音楽:柳ジョージ&ザ・バンドオブナイト
美術:高橋章
録音:辻井一郎
照明:高島利雄
編集:田中修
助監督:成田裕介
製作主任:川崎隆
出演:水谷豊 坂本浩之 甲斐智枝美 夏木勲 草笛光子
ビスタサイズ カラー 119分

共栄電気に勤める水井幸二は、家電製品のトラック配送を担当していた。職場では年下の米倉に“兄貴”と呼ばれて慕われているが、平凡な毎日を送ることに退屈していた。給料日、幸二は米倉の誘いを断り、ホテルで恋人の遠藤牧子と会った。
大雨の降る深夜、幸二の部屋に一本の電話が掛かってきた。それは一緒に上京した昔の仲間、沼田からだった。ただ事ではない様子を感じ取った幸二は、彼を部屋に泊めることにした。翌朝、幸二は酔っ払った沼田と大喧嘩し、彼を部屋から追い出した。
仕事を終え事務所に戻った幸二のところに二人の刑事がやってきた。沼田を幸二が住んでいるアパートの前で逮捕したというのだ。幸二は事情聴取のために警察に連行された。

沼田は、彼が勤務するパブの店長を殺し売上金を持ち逃げした。アパートでの早朝の騒動を多数の住民が聞いていることから、警察は幸二がこの事件に関わっているのではないかと考えていた。そこで幸二は、犯行が行われた時間のアリバイを証明するために牧子の連絡先を教えた。ところが電話の相手は彼を知らないと言い、さらに幸二が仲間であることを沼田が証言したことから、彼は容疑者として留置されることになった。

容疑が晴れ職場に戻ってきた幸二だったが、配送から倉庫番に配置転換されていた。幸二はトラックでの仕事を希望したが、八田主任は社長の温情でクビにならなかったことに感謝しろと言って取り合わなかった。全てのことが嫌になった幸二は、親身になって世話を焼いてきた中山の忠告を聞かずに会社を辞めた。
そんな幸二のところに家出をした牧子が転がり込んできた。幸二は牧子から真実を聞き出そうとした。彼女の本当の年齢は16歳で、二人の関係が母親や学校に知られることを避けるために嘘をついたのだ。

二人が同棲生活を始めたある日、幸二のアパートに一人の男がやってきた。男=渡辺は牧子の母親のパトロンでやくざだった。牧子は幸二の身を案じ、おとなしく家に帰ることにした。牧子のことが忘れられない幸二は彼女の家に行くが、玄関から出てきたのは渡辺だった。牧子と渡辺の関係を知った幸二は、彼女を取り戻すために渡辺と対決することにした。
個人的採点:★☆☆

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−の | 14:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ