日本映画紹介ブログ
<< お引越し | main | 黒い乳房 >>
毎日が夏休み
パイオニアLDC=サンダンス・カンパニー
配給:KUZUIエンタープライズ
製作年:1994年
公開日:1994年6月11日
監督:金子修介
製作:藤峰貞利
企画:サンダンス・カンパニー
製作総指揮:青木雅美
プロデューサー:真木太郎 酒井良雄 藤田義則
共同プロデューサー:平田樹彦 木村典代
プロダクションスーパーバイザー:冷泉さとし 加藤克行 増田雄二
原作:大島弓子
脚本:金子修介
撮影:柴崎幸三
音楽:大谷幸
音楽プロデューサー:高桑忠男
主題歌:「時間のない街」鈴木トオル
美術:及川一
照明:吉角荘介
録音:林大輔
編集:冨田功
スクリプター:坂本希代子
助監督:猪腰弘之
俳優担当:寺野伊佐雄
製作担当:藪下隆
スタイリスト:清水美樹子 左吉リサ
出演:佐野史郎 佐伯日菜子 風吹ジュン 高橋ひとみ 益岡徹
ビスタサイズ カラー 94分

郊外の新興住宅地に住む林海寺家は夫婦そろって再婚同志、いわばスクラップ家族だった。良子の連れ子、中学2年生のスギナは近所でも有名な優等生、ということになっていたが、本人はいつも登校拒否をして公園などで時間を潰す毎日を送っていた。その日も公園で早弁をしていると、同じように早弁をしていた義父・成雪とバッタリ出会ってしまった。エリート街道を歩んでいた成雪は最近次長に昇格したが、向いていないという理由で突然会社を辞めたのだ。今まで親子らしい会話を交わしたことがないことに気付いた成雪は、お互いの気持ちを知るために話し合うことにした。

良子は英会話教室と美容院に出掛けようとしていたが、突然二人が帰ってきたことに驚いた。しかもその理由が退社や登校拒否であれば尚更だった。
成雪は、会社と方針が合わなくなり従属関係が崩れてしまったため会社を辞めた。一方、スギナはいじめられた友達を味方したことで立場が逆転し、いじめられるようになったことが登校拒否の原因だった。しかもそのいじめられていた友達はいじめる側に加わっていたのだ。

成雪は、明日から友人、知人の会社をスギナと回って再就職をすると良子に宣言した。一緒に働くことで娘の成長を見守るというのが彼の論理だった。その論理についていけない良子は部長と会って辞表を撤回してもらおうとしたが、成雪は辞めたんだから止めてくれと言った。そしてこの苦しみを乗り越えてこそ人生に真の輝きが訪れるんだと良子を抱きしめながら言った。
良子を心配させまいと考えた成雪は、前言を撤回して今から会社訪問に出掛けた。彼の得意先だった企業を訪れたが、当然のことながら「子連れの就職」を容認するはずがなかった。そこで成雪が「土下座」というパフォーマンスを繰り出すと、困った企業は彼に「御車代」を手渡したのだった。スギナは驚いたが、成雪は清々しい表情をしていた。彼は別の企業で同じことを繰り返して「御車代」をせしめたが、これ以上新しい可能性が得られないと悟った。

もしも自分が成雪の立場だったらパーッと派手に遊んでパーッとビルから飛び降りるだろうな。スギナがそう考えていたとき、成雪がパーッとやらないかと言った。成雪はスギナをレストランに連れて行ったが、料理に手を付けない彼女は「夏の日差しに出来る影って濃くて深いよね。人生も濃くて深い影があれば、その裏には眩しい光がある。絶対にあるんですよ」と泣きながら言った。それを聞いた成雪は、スギナにハンカチを渡し「人生は意外と何回もやり直しのきくゲームなんだ」と言った。彼は家族経営の「なんでも屋」を起業することにした。
個人的採点:★★★

屋台的映画館
| 砂月 | 邦画−ま | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:19 | - | - | pookmark |









http://lovetri.jugem.jp/trackback/126
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES

ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ